UN / Unfudge UN3500 Boa fleece hoody / アンファッジ POLARTECフリースジャケット [UN3500]

UN / Unfudge UN3500 Boa fleece hoody / アンファッジ POLARTECフリースジャケット [UN3500]

販売価格: 22,032円(税込)

希望小売価格: 22,032円

カラー:
サイズ:
数量:
ポーラーテック 300シリーズのボアフリース
アウトドアや街着としても大活躍するボアフリース

【ブランド】Unfudge
【品番】UN3500
【アイテム】Boa fleece hoody
【カラー】BURGUNDY,CHARCOALBLACK
【マテリアル】
●POLARTEC 300 Series
●11.5Oz (390gm)
●100% Polyester
●Recycled 64%
●Surface - Face : Sherling / Back : Sterling
●COSYFORM
●Weight / L : 625g

アウトドアで活動する世界中の人達から揺るぎない信頼を持つ米国POLARTEC社の中でも歴史あるフェイスを持つ300シリーズを採用したボアフリースフーディです。

<米国POLARTEC社とは>
ポーラテック社は19世紀、モールデンミルズ社という名で兵士の制服や、女性服向けの素材を主力製品としてた歴史ある会社です。1976年にパタゴニア創始者であるイヴォン・シュイナードと共同開発した生地の誕生で「フリース」「POLARTEC」「パタゴニア」の名は世界へ広がりました。以降90年代に入りこのフリースをポーラテックと名付け、100・200・300・WindProの展開をスタートし、世界中のアウトドア愛好家から絶大な信頼を得る現在に至ります。

「初めてのポーラテックはこのフェイスだった」90年代に生まれたこのファブリックに覚えのある方も多いはずです。クラシックなこのファブリックは現在も根強い人気を持っています。山岳で使用するには重量があり分厚いですが、活躍する場は非常に多いのです。山岳や自然の中で培った機能から産まれ、それを自分たちが生活する街に落とし込む。そんなハイブリッドなファブリックがこの300シリーズだと考えました。プロスタッフたちは山への行き帰りや、海から上がった後や、普段の生活の中で使用しています。とは言いながらも山岳で使用するに値する機能を持っています。
サイクリングなど前かがみの姿勢を長時間続ける際にもフィットするよう背面の裾を長めに設定。各部にオリジナルパターン「COSYFORM」を採用し、ピッタリとした着心地を求める方が1サイズ落として着用してもストレスを感じることがなく、激しい動きにも対応します。

Pro staff達が使用する中でどんな環境にフィットするのか?聞いてみました!
・山では暑くなりすぎるくらいの保温力だね。
・僕は海上がりに着ているよ。バスローブのように羽織っても体温を下げないから最高だね。
・冬の移動中にも街着としても車中泊にもいいね。
・この生地感が何よりも好きだ。僕が初めて出会ったフリースがこれだった。
・山の行き帰りに着るからダボっとLサイズを着ます!(159cm女性)

他の写真